アート留学、どこがオススメ?様々な国を比較してご紹介

foreign-country Articles in Japanese

 

具体的な留学プランがなくても外国に行きたい、芸術の本場で勉強したいと思う人はたくさんいることかと思います。ですが漠然とどこかに行きたい、でもわからない、ということもあるかと思います。

 最も志望動機であるべき理由は「この大学のこれを勉強したい。この教授に師事してもらいた」だと思いますが、「なんとなく良いイメージだったから」で決めるのも悪くないかもしれません。

しかし優先候補を様々な側面から絞っていくことは重要です。

 本記事では専門学校、語学学校ではなく、アート系大学についてオススメの留学先を紹介していこうと思います。

ちなみに筆者は日本2校、チェコ3校の大学に、在籍トータル15年間の大学生、院生実績(?)を持っています。その中で様々な外国人と交流し、情報を交換してきました。

留学先以前に学費や生活の心配などアート留学について詳しく知りたい方は

をご覧ください。

 

それではメイントピックに入っていきましょう。

今回の比較基準は

・おおよそかかる学費や生活費などお金の面

・治安

・大体の留学年数

・現地学生の気質

などをもとに比較していきます。

 

アメリカ

America

留学を考えた上で多くの人が思い浮かぶアメリカ。設備や教師陣など教育水準の高さは言うに及ばず、言語が “本場の英語”(?)というのがやっぱり選びたいところですよね。

また世界一留学生が多い国のため、現地学生も気安く受け入れてくれるでしょう。留学年数は総合大学や単科大学だと大体4年専門学校だと半年から2年程度です。

しかしアメリカ留学で一番の障害となるのが費用。学費、滞在費、渡航費などすべて合わせると500万円以上かかります。SVAなど有名私立大学だと年間費用が700万円程度かかるという話も。

また、一部地域を除けば治安も概ね良好ですが銃社会のためトラブルはご法度です。現代アートにおいては本場であり、戦後はアメリカの現代アート=アート市場が世界のトップです。

それ故にピンキリでアート留学生ばっかり、日本人ばっかりです。NYに住む日本人の友達は「日本語だけでやっていけるほどの環境がある」とも言っています。

 

イギリス

数多くの著名なアーティストが住むイギリス。ロンドンには無料で入れる美術館なども数多くあり、文化芸術に触れる機会をたくさん得ることができます。

有名な学校も数多くあり、言語も英語。日系人も多く、生活に関しての情報も日本語でたくさん得られます。

アートに打ち込める環境が全て揃っていると言っても過言ではありません。留学年数は最短2週間から4年間と希望にあったカリキュラムが多いのも特徴。

しかし学費や滞在費はアメリカに次いで年間400万円程度とトップクラスで高い。

また、近年はEU離脱問題など政治的な問題も表層化しており、物価の変化なども心配されています。

日本で有名な若手作家はロンドンの美術大学に留学経験があるイメージはなぜでしょう。

EUから外れたこともあり、今後は益々ビザの事、費用のことで留学には不向きになるのでは?と個人的には思っています。しかしロンドンを中心に、伝統とコンテンポラリーアートの融合に適した国であり、それに対する政府や市民もハイアートからアンダーグラウンドまで容認しているように思えます。アートシーンとしてもとても重要です。

 

イタリア

素晴らしい芸術文化を発信してきたイタリア。絵画文化や建築文化を先導してきたイタリアの町並みからは、多くのものを得ることができると思います。

費用も上記2つの国に比べかなり安く済ませられます。学費は年間60万円から100万円程度、滞在費などその他の費用も60万円から100万円程度の計200万円程度で1年間留学できるのも魅力的。

しかしイタリア留学で躓く人が多いのは言語の問題。学校の授業のほとんどがイタリア語で行われ、私生活でもイタリア語が必要な場面が出てきます。

またスリなどの軽犯罪が非常に多い噂も悩みどころ。イタリアの伝統を学ぶ留学はいいと思いますが、それが新たなイノベーションへというのは想像し難い印象です。

気候も食材も素晴らしいところなので留学には最適だと思います。

 

フランス

美術の文化、歴史の中心を担ってきたフランス。ルーブルやオルセーなど世界的な美術館があり、音楽のコンサートも数多く、芸術活動のインスピレーションを受けられること間違いなしです。教育水準も世界最高峰で留学によってスキルアップすることは間違い無いでしょう。

しかしここでも問題となるのが生活費用。世界的に見ても家賃や物価の高いパリでは学費以外の滞在費などで年間200万円近くかかってしまいます。学費に関しては国公立だと35万~50万円程度、私立だと150万円くらいが相場です。イギリスやアメリカに比べれば安くても、イタリアに比べたら高いですね。

また言語に関してもフランス語を習得することは必須です。授業のために習得が必要なのはもちろんのこと、日常生活でもフランス語が話せないと困ることが多いです。

日本より現代アートが身近な環境にありますし、物価が高いこと以外は留学するのに素晴らしい国だと思います。

 

ドイツ

germany

美術館、博物館の数が世界一のドイツ。近代では音楽を始め様々な分野の芸術活動の新たなカルチャーが生まれていった地でもあります。

実は外国人のビザの取得が他の国に比べ容易で、多くの外国人が暮らしています。アーティストとして活動していくならば、横のつながりは必須、きっとあなたにとって役に立つものが手に入るでしょう。

そして一番のメリットは学費の安さなんです。年間の学費はなんと0〜15万円程度です。滞在費も年間を通して80万円程度で生活でき、合計して100万円程度の費用しかかかりません。学費が安いから授業の質が低いということはありません。

国立大学では現役で活躍する現代アーティストが教授に着き指導してくれます。

しかしドイツでも問題になるのは言語の壁。ドイツ語は文法が難解な事で有名です。日常生活ではフランスほど言語習得の必要性は下がりますが、授業のために難解なドイツ語を習得するのにかなりの労力が必要です。

しかし、アート留学は都市部に多いと思いますが、都市部の若いドイツ人のほとんどは英語が流暢に話せます。もしかしたら逆にドイツ語を話す機会がないかもしれませんね。

ベルリンは特に日本人留学生に人気ですが、それは90年代から2000年代に留学した日本人アーティストたちが帰って来て、ベルリンの魅力を広めたところから来ていると推測しています。

ちなみにベルリンは最も日本人アーティストが多いヨーロッパ都市です。ライバル心など様々な刺激があると思います。

 

チェコ共和国

beer

東欧の真珠と呼ばれるチェコの首都プラハは街自体が芸術作品のように魅力的な街並みです。町中に彫刻作品が置かれており、コンサート会場や美術館、ギャラリーなどもたくさんあります。

そして一番の魅力は学費。国立大学は学費はかかりません。また、物価も日本に比べると安く過ごせます。

またアジア人もある一定層住んでおり、私が生活していて差別を受けた経験もほとんどありません。治安もかなり良く暮らしやすい国です。

まとめ

治安に関しては今回挙げた国では一定の注意は必要ですが、極端に悪いところはありません。

それ以外の要素でざっとまとめると、お金をかけてでも第3言語の習得に時間をかけたくない方は、

アメリカやイギリスがおすすめ。

お金はそこそこかけれて、日本にはない文化活動に専念したい方は

フランス、イタリアがおすすめ。

労力をかけてでもお金をかけたくない方は、

チェコ、ドイツがおすすめです。

 

個人的におすすめしたい国はチェコ、ドイツです。物価、学費が安いのはもちろんのことアーティスト活動に専念できる国として考えたら外に出るだけでインスピレーションを受けられる二国だと思っています。

また、英語ができるだけではなく第3言語を習得するのは多大な労力がかかりますが、後々大きなアドバンテージとなることは筆者が保証します。

他の記事にも留学に関して書いているので、そちらも是非合わせてご覧ください。

Facebook
Twitter