多くの人が知らない海外の音大、美大に入学するコツ

Articles in Japanese

みなさんこんにちは。このブログを読んでくださっている方は、ヨーロッパへの美大、音大へ入学を考えている方、憧れがある方など興味を持っている方だと思います。

この記事では特にヨーロッパの美大3校に在籍した経験を持つ筆者が実際に受験で得た経験や、大学の友人から得た情報をシェアできたらと思います。

学校選びについて

すでに受験する学校が決まっている人にとっては必要ない情報かもしれませんが、まず日本とヨーロッパでは学校選びの基準が大きく異なります。

日本では大学名、どこで学ぶかを基準に学校選びをすると思います。しかしヨーロッパでは誰に何を学ぶかで学校を選びます。

大学の設備や立地ももちろん重要ですが、それ以上に自分が学びたい教授、やりたい研究をやっている研究室を基に学校を選んでいきます。選ぶ基準は自分で決める、と思っている方もいると思います。

しかしこういった背景を知らずに日本スタイルで受験を挑むと痛い目に会ってしまいます。なぜならば、美大、音大受験のコツの一つは、教授に受験1年前にコンタクトをとることから始まるからです。

コツ1:教授に受験1年前にコンタクトをとる

アートや音楽ジャンルでは多くの方がご存知の通り、入学に際して実技が重視されます。

また、ヨーロッパの美大、音大では筆記試験を行わず、音大では実技のオーディション、美大ではポートフォリオによって合否を決めるところもあります。そしてその合否を判断するのは当然ながら担当教授です。

ですので多くの受験生は受験1年程度前から教授にコンタクトをとり、レッスンを受けたりポートフォリオへのアドバイスをもらったりします。そういったやり取りを何度か重ねて信頼関係を構築していきます。

人口の面などから見ても、日本と比べ1クラスあたりの人数はとても少なく、入学後は教授と生徒の付き合いはとても濃いものになっていきます。教授としても付き合いやすい人間に来てもらった方がいいですよね。そういう意味でも受験前に信頼関係を構築するのはとても重要で、試験結果に響いてくることもあります。

教授に直接連絡を取る方法がわからない場合は、その教授のマスタークラスに参加してみたり、留学先の学校事務局に連絡したら力になってくれますよ。

コツ2: 英語で受験できるところを探す。

ヨーロッパの大学の多くはその国の母国語で授業を行います。密なコミュニケーションを異国の言葉で行うのは大変困難です。もちろん、その国の言語を勉強してそれで大学を受け、授業をできるなら完璧です。

ですが、もし言語面で不安で語学学校などで足踏みしたくない場合は英語で受験できるところを探すのも視野に入れた方がいいと思います。

英語が母国語圏内でなくても、英語で正規受験を受けれる大学はあります。中には国立大学でも英語での受験を認めているところは数多くあります。もしくは外国人として英語で受験をできる制度がある大学もあります。

そういった大学の多くは入学半年後や1年などの猶予を与えられ、その期間に語学証明のための試験に受かればいいという仕組みを取り入れています。特に美大、音大などはポートフォリオや実技試験を重視しているため、合格後に言語は学べばいいというスタイルをとっている学校が多いのです。

語学がネックで留学を迷われているならば、英語で試験を乗り切って留学してしまうことをお勧めします.

日本にいるとなかなか勉強する意欲が湧きませんが、語学を学ばなければいけない環境に入ったら自然と勉強するようになります(語学以外の勉強もあるので大変ですが)ともあれ、語学を理由に留学を避けるのは非常に勿体無いです。

まとめ

日本の受験とは勝手が違います。美大、芸大へ進学を検討されているならできるだけ早くに学びたい先生もしくは学校に連絡をする

語学がネックなら英語で受験を乗り切る。

留学後に語学も頑張る。

以上のコツ、ぜひ参考にしてください。

Facebook
Twitter