【第1回】アーティストのポートフォリオとは?アート・美術における役割・概要

【第一回】アーティストのポートフォリオとは?アート・美術における役割・概要 Articles in Japanese

これから「現代アーティストを目指す」「芸術家になる」という方にポートフォリオの概要・役割を説明していきます。ここでは、まだ十分に作品が揃られていない若手アーティスト向けに書きました。

もうすでに、自身の制作の方向性が見えていて作品数も数十点あり、コンペやアーティスト・イン・レジデンスなどにチャレンジできる方たちには、第2回具体的な作り方・作品の選び方でご紹介します。

人気【第2回】アーティストが考えるポートフォリオ作り方&組み立て方

まだ、キャリア少ないアーティストには、ポートフォリオ次第で、評価が変わると言っても過言ではありません。

やり方は様々です。あくまで、私の考えとやり方であるので参考程度に読んでいただけたら幸いです。

ポートフォリオとは?

ポートフォリオ(portfolio)は作品や展覧会の写真をまとめたものになります。

アートの場合、ポートフォリオは3つの役割があります。

1、アーカイブとして

2、コミュニケーションの手段として

3、コンペなどに出す書類として

1、アーカイブとして

アーティスト活動の記録・保存として使えます。アーカイブは、あなたの作品や頑張りを歴史として記録していく、作家活動の重要な一つとなります。

以前、アーティストがやる具体的な事務仕事について書いてあるので、ここでは省略します。

また、ネット上のアーカイブとしてInstagram等のSNSが盛んですが、アーティストとしての本気度を示す為にも一手間かけたご自身のポートフォリオサイトの開設をお勧めします。

以下の記事では、なるべく低予算で簡単に作成できる方法をご紹介しています。

2、コミュニケーションの手段として

アーティストはプレゼンテーション力が常に求められます。飲み会席で展示が決まったということはよくあります。

そういった時、スマホで紙でポートフォリオ 一瞬で見せられる用意をしておくことが大事です。

たとえ、時間をかけて作ったポートフォリオでも、一瞬で良し悪しが決まってしまいます。「どんな作品を作るのか?」「どんなアーティストなのか?」わかるように作ることが重要です。

3、コンペなどに出す書類として

コンクール、進学・就職・助成金の応募などにも使えます。

作家は作品をつくれるだけでなく、マネージメント能力・行動力・実行力と言った面もポートフォリオを通して判断されるかもしれません。信用できる人なのか?と吟味されることもあるでしょう。

作る前になんとなくポートフォリオの方向性をイメージする

もし、自分の作品分野&方向性が全くわからないなら、ポートフォリオ制作は一旦、置いといてください。アートに関係なく、なんとなく興味あるものをたくさん見ましょう。

集中すると、細かいところに目がいってしまい、全体を見ることを忘れます。

ポートフォリオは俯瞰して見ることが大事です。より良い作品を作るには、友達と遊んだり、映画を見る、海外に行くなど、インスピレーションを手に入れたり、社会を見る「全て」が大事になることもありえます。

【第一回】アーティストのポートフォリオとは?アート・美術における役割・概要

また、上の写真ように、気になる気になった言葉をそして付箋を残してください。久しぶりに付箋を見ると、以前にも同じ考えしていた発見があったりします。

おそらく、作った作品を見せたり、いろんなイベントに参加するなどとやると、自分が興味持つ傾向が出てくると思います。

そういったことを繰り返すうちに残ったものが、あなたの方向性だと思います。

【まとめ】ポートフォリオとりあえず作ってみよう

絵画をやっている方は、日の丸ポートフォリオを見かけます。つまり、紙の真ん中に作品画像を載せて、タイトル、制作年、材料を載せるだけのポートフォリオ。

最初は、作品をを揃えるだけで、一杯一杯になると思います。一度もポートフォリオを作ったことがない人は、PowerPointかkeynoteというソフトを使って

・作品画像

・タイトル

・制作年

・画材とサイズ

・作品コンセプト

といった5つ情報を書いて並べればいいです。拙くともいいから作ってみることが大事です。

具体的な作り方&組み立て方は別記事で書いたので、ここでは省きます。

人気【第2回】アーティストが考えるポートフォリオ作り方&組み立て方

最初は作品を揃えること、クオリティ上げることに精一杯かもしれません。ポートフォリオが出来たら、自分の作品のクオリティの低さに落ち込むかもしれません。

しかし、ポートフォリオは、自分の作品を俯瞰するために役に立ちます。つまり、自分が作品を作るとき、どんなパターンがあるのか、考えをするのかなど、自分を理解するのにすごく有効な手段になります。同時に作品を見せる意識が高まるので、まだ作ったことがない方にはポートフォリオを作るといいでしょう。

Facebook
Twitter