アール・ブリュットはアート枠に収まらない。

アール・ブリュットという言葉は1945年(昭和20年)にフランスで生まれ、今までアートの外に置かれてきた精神障害者、囚人、子供、霊媒師などが作る作品を、これまでも存在していた医学的な見地からの研究ではなくアートとして発表したプリミティブ・アート(原始美術)とも近い概念です。

現代アートの作家の中には正規の美術教育を受けていないにも関わらずアール・ブリュットとも言えない作家たちもいますが、この記事ではまず、アートの外れに存在している作家たちがアートの世界でどの様に受け入れられたのか西洋美術の歴史と、アール・ブリュット作家をいくつかご紹介します。

[アーティスト向け] アート作品の保管方法

作品を継続的に作っていると必ず突き当たる壁が作品の保管問題。もちろん全ての作品を良好な状態で保管し続けることができたら最高ですが、家やアトリエに保管するにはそれなりにスペースが必要です。作品はデリケートな物なので保管状況にも最新の注意を払わなければいけませんし、平面作品や立体作品では保管方法も異なることと思います。今回は作品の保存方法やアーティストにとって嬉しいサービスをご紹介します。

【実体験】ヨーロッパでアーティスト活動をするメリット・デメリット

美しい街並みや歴史を感じる建造物、豊かな自然などヨーロッパにはアーティストにとってインスピレーションを刺激される要素がたくさんあるように思います。ヨーロッパは多くのアーティスト、アートを愛する人にとって憧れの土地ですよね。
しかし当然ながら誰もが羨むメリットだけではありません。海外、特にヨーロッパでアーティストとして活動するということは時にデメリットも抱えています。
今回はヨーロッパでアーティスト活動をする上でのメリットとデメリットを実体験に基づいてご紹介します。