【第1回】アーティストのポートフォリオとは?アート・美術における役割・概要

【第一回】アーティストのポートフォリオとは?アート・美術における役割・概要 アートワークログ

こんにちは!

これから「現代アーティストを目指す!」「芸術家になる!」という方にポートフォリオの概要・役割を説明します。ここでは、まだ十分に作品が揃えてない若手アーティスト向けに書きました。

もうすでに、作品がある程度出来て、作品の方向性が見えて、コンペやアーティスト・イン・レジデンスなどに出したい方には、第2回具体的な作り方・作品の選び方でご紹介します。

人気【第2回】アーティストが考えるポートフォリオ作り方&組み立て方

まだ、キャリア少ないアーティスト・画家には、ポートフォリオ次第で、評価が変わると言っても過言ではないです。

やり方は様々です。あくまで、私の考えとやり方であって、絶対ではないです。参考程度に読んでいただけたら幸いです。

ポートフォリオとは?

ポートフォリオ(portfolio)は作品や展覧会の写真をまとめたものになります。

アートの場合、ポートフォリオは3つの役割があります。

1、アーカイブとして

2、コミュニケーションの手段として

3、コンペなどに出す書類として

1、アーカイブとして

アーティスト活動の記録・保存として使えます。記録は大事です。もっと大きく言うと、アーカイブは、アートを歴史化するのに重要になります。

以前、アーティストがやる具体的な事務仕事について書いてあるので、ここでは省略します。

2、コミュニケーションの手段として

アーティストはプレゼンテーション力が常に求められます。飲み会席で展示が決まったということはよくあります。

そういった時、スマホで一瞬で見せられる用意をしておくことが大事です。

たとえ、時間をかけて作ったポートフォリオでも、一瞬で良し悪しが決まってしまいます。「どんな作品を作るのか?」「どんなアーティストなのか?」わかるように作ることが重要です。

3、コンペなどに出す書類として

進学・就職・助成金の応募などに使われます。キャリアに関わっていきます。

アートは社会の一つであります。作品をつくるだけでなく、マネージメント能力・行動力・実行力と言った面をポートフォリオで判断されます。つまり「信用できる人なのか?」

作る前になんとなくポートフォリオの方向性をイメージする

私が普段、大事にしていることを言います。

もし、自分の作品分野&方向性が全くわからないなら、ポートフォリオ制作は一旦、置いといてください。アートに関係なく、なんとなく興味あるものをたくさん見ましょう。

時々、制作ばかり夢中になりすぎると「悪いところはどこもないぞ!」と言う麻痺が起こります。つまり、集中すると、細かいところに目がいってしまい、全体を見ることを忘れます。

ポートフォリオは俯瞰して見ることが大事です。より良い作品を作るには、友達と遊んだり、映画を見る、海外に行くなど、インスピレーションを手に入れたり、社会を見る「全て」が大事になることもありえます。

アートに関係なさそうな分野・経験が強みになることがあります! 

【第一回】アーティストのポートフォリオとは?アート・美術における役割・概要

また、上の写真ように、気になる気になった言葉をそして付箋を残してください(写真で残すのもいい!)。久しぶりに付箋を見ると、以前にも同じ考えしていた発見があったりします。

おそらく、作った作品を見せたり、いろんなイベントに参加するなどとやると、自分が興味持つ傾向が出てくると思います。

そういったことを繰り返すうちに残ったものが、あなたの方向性だと思います。

【まとめ】ポートフォリオとりあえず作ってみよう! 

絵画をやっている方は、日の丸ポートフォリオを見かけます。つまり、紙の真ん中に作品画像を載せて、タイトル、制作年、材料を載せるだけのポートフォリオ。

最初は、作品をを揃えるだけで、一杯一杯になると思います。一度もポートフォリオを作ったことがない人は、PowerPointかkeynoteというソフトを使って

・作品画像

・タイトル

・制作年

・画材とサイズ

・作品コンセプト

といった5つ情報を書いて並べればいいです。拙くともいいから作ってみる!が大事です。しかし、あくまで最低限の話です。

具体的な作り方&組み立て方は別記事で書いたので、ここでは省きます。

人気【第2回】アーティストが考えるポートフォリオ作り方&組み立て方

最初は作品を揃えること、クオリティ上げることに精一杯かもしれません。ポートフォリオが出来たら、自分の作品のクオリティの低さに落ち込むかもしれません。

しかし、ポートフォリオは、自分の作品を俯瞰するために役に立ちます。つまり、自分が作品を作るとき、どんなパターンがあるのか、考えをするのか?

自分を理解するのにすごく有効です。同時に作品を見せる意識が高まるので、まだ作ったことがない方にはポートフォリオを作るといいでしょう!