ポートフォリオサイトって必要?アーティストのWEBサイトの事例と作り方

サイト ポートフォリオ アートワークログ

こんにちは!アーティスト活動しながらWEBデザインをしているAYAです。

今回は「これからアーティスト・画家として活動したいけどWEBサイト必要かな?」という方にWEBサイトの流れ、必要性を解説いていきます!

お金をかけてWEBサイトを作る必要はある?

最近、同期のアーティストを見ると、WEBサイトを持たない人は増えています。例えば、InstagramなどのSNSをサイト代わりにしたり、無料で作れるWEBサービスを利用するなど、お金をかけずにWEBサイトができる時代になりました。

それでも、私は、お金をかけてWEBサイトを作るメリットは3つあると思います。

1、営業ツールとして

2、本気でアーティストをやっていることを示すため

3、ビジネス(企業とグッズコラボ、装丁など)で信頼をえるため

同期のアーティストを見ると、最初は無料のWEBサービスを使い、仕事の軌道に乗ったら有料のWEBサイトを作る傾向があります。しかし、一度構築したWEBサイトを移管するのは大変な作業です

本格的なWEBサイトを自分で作るなら、2万円程度に抑えられます。

*私がワードプレスで作成にかかった値段です。2万円はサーバの管理費とドメイン取得でかかった値段です。尚、毎年、固定費として8000円かかります。

*各WEBサービスによって値段は変動します。

実績関係なく、本気でアーティスト活動するなら、お金をかけてWEBサイトを作るべきです。

では、どうやってWEBサイトを作るか?おそらく安く抑えたいと思います。なら!WEBサービスを使って、本格的にサイトを作る方法をご紹介します。

ポートフォリオサイトを作る前に必要な情報4つ

まず、ポートフォリオサイトを作る前に、サイトに載せる情報を用意しましょう。

以前、ポートフォリオに載せる情報の選び方は、別記事で書いたのでここでは省きます。WEBは、主に最低限載せるべき情報は4つです。

1、作品(作品画像と概要)

最低でも、作品画像・タイトル・大きさ・制作年は準備しましょう。

メディアにもよりますが材質を記載したり、使ったソフトや技術を記載する場合もあるでしょう。サイズにおいては、現代アートの業界では0.5cm単位(例:25.5cm)で記載します。

また、作品のコンセプトも用意すると、googleやyahooなどに検索エンジンに有効なので、作品コンセプトを用意するといいです。

特に重要なのは写真!ぶっちゃけ作品がしょぼくても、写真が美しければイメージが良くなります。

自分で素晴らしい写真を撮れたらそれに越したことはないですが、もし、それがあなたにとってまだ難しいのなら、友人、プロの写真家に頼むといいでしょう。

また、制作途中の写真&動画があるとvery good!WEBサイトには使わなくても、プレゼンや講義写真に役に立ちます。

2、バイオグラフィー(アーティストステートメント) 

CVは、仕事実績についてまとめたもので、バイオグラフィーは「自分がどのようなアーティストなのか?」をまとめた文章です。(辞書では「伝記」と出ます)

アングラアーティストのブランドイメージを保ちたい人や、契約ギャラリーがサイト内で自分を紹介してくれているので、バイオグラフィーなしで活躍するアーティストもいます。しかし、SNS時代で個人に発信力を持つ時代、プロのアーティストのほとんどが書きます。

しかし、アーティストを観ること、アート作品を買うことは、アーティストの信頼として買うのです。つまり、バイオグラフィーはブランディングとして大事です。

自分はどういうアーティストなのかを明らかにしてください!

しかし、どうやって書けばいいのか?例えば、アーティスト活動を始めるに至った動機や関心事、影響受けた人物などのアイデンティティを記載するのです。中には、代表作品を紐付けて書いています。

具体例として、こちらが参考になります。また、知っているアーティストのWEBサイトを見るのもいいでしょう。

3、CV(経歴とメディア実績) 

アーティストの場合、どこに展示されてどのメディアに載せられたことがあるのか?ギャラリストやキュレーターなどはそこをチェックします。

今まで、展示した場所で、重要なものだけWEBサイトに公開するといいでしょう。今まで展示した経歴を全て書くと、読み疲れて、サイトを離脱する人が出ます。

また、展示の経歴を分けて、メディア実績を記載するのもいいです。

4、連絡先

連絡先がないと、閲覧者は連絡をできません。仕事用のメールアドレスを作成して、サイトにお問い合わせページにつけましょう。

個人的に、仕事メールアドレスはgmailは、カスタマイズをしたくなるときにいいです。

ポートフォリオサイトは4つのページに分けよう

さて、サイトに載せる情報の準備をした!じゃあ、サイトにどのように組みたてればいいのか?

情報はシンプルにまとめることが大事。アーティストのポートフォリオサイトは、4つのページにまとめるといいです。

TOPページ 

TOPページはサイトの顔です。ポイントは、どんなアーティストなのか一目でわかること。名前のフォントもこだわりましょう。できたらロゴがあるといい。

基本、スライド式のページにするか。代表作品を1枚のみにすることが多いです。

例えば、木・石など様々な素材を使う彫刻家はスライド式のトップページにしたり、映像作家の方は映像をトップページにするなどいいでしょう。自分をどうやってみせるか?を考えるといいです。

作品一覧のページ

ページの並べる時は、素材・年代順に並べることが多いです。 

ポイントは、1ページに作品を全部載せないこと。量より質です。1ページごとに5~20点くらいあるといい。1ページに15点以上の作品数になる場合に分けましょう。

自分についてのページ

アーティストのバイオグラフィー・経歴・メディア実績を載せるといいでしょう。バイオグラフィー・経歴・メディア実績を一つのページにまとめることもあるし、別にすることもあります。

基本は、情報の載せすぎない!どのページも、読みやすさ・分かりやすさを重視して、分けるといいでしょう。

お問い合わせページ 

閲覧者は連絡とするページです。メールアドレスのみでいいと思います。

【比較付き】初心者が簡単にホームページを作れる3つのサービス

よし!載せる情報の準備と並べ方を決めた!じゃあ、どうやって作ろう?

世の中、WEBサイトを簡単に作るサービスがたくさんあります。今回は、厳選した3つのサービスをご紹介します。

WiX

https://ja.wix.com/

イスラエル発のサイト作成サービス。会社でWEBの知識がない方が、WEBサイトを作ることになった時に使う印象があります。

メリットデメリット
・デザイン性の高いテンプレートが豊富!
・圧倒的に作りやすい!
・一度選んだテンプレートを変更することができない
・カスタマイズがしにくい。

*WIXなどの無料のサービスを利用してサイトを作成すると、広告が表示されることがあります。広告は、プロでない印象を与えてしまいます。必ず利用前に、広告の表示があるかどうかを確認しましょう!

Tumblr

https://www.tumblr.com/

ここでは、作り方は省きます。「Tumblr 作り方」と検索すると、詳しい作り方が載っています。Tumblrは、SNS×WEB作成サービスが合わせ持った機能があります。

メリットデメリット
・自分が好きなデザインに投稿できる!
・SNSの役割がある!
・SEO対策に弱い。
・テンプレートのデザインがちょっと古いかも…

WordPress

https://ja.wordpress.com/

個人的にオススメです!ブロガーや企業が多く利用しています。「ワードプレス 作り方 ポートフォリオ」を検索すると、詳しい解説されています。

メリットデメリット
・カスタマイズ&テンプレートが豊富!
・わかりやすく説明してあるガイドが充実!
・簡単にカスタマイズはできるけど、お金がかかる。

WEBサイトを作る前に必要なこと

さて!使うサービスを決めた!やるぞ!という前に、いくつか必要な設定がいくつかあります。

大事なことなので、サイトを作る前に一度確認してください。

【重要】独自ドメインを作ろう

WEBサイトを作るにあたって、最も重要なことは独自ドメインです。独自ドメインは「〇〇.com」「〇〇.net」と言ったURLのことです。独自ドメインのメリットとして

1、突然サービスの停止がない

2、ビジネスで信頼を得ることができる

IT業界は変化が激しい世界です。突然、大手のWEB運営会社がなくなることも多々あります。独自ドメインをとると、サイト消失のリスクがありません。

また、独自ドメインでサイトを運営することで、本気度を示すことができ信頼を得られます。

もし、ドメインを買うならムームードメイン、お名前com(サイトURL貼る)をお勧めします。

*アーティストは、自分の名前をURLに含めるようにして、どのページを見ても名前が見えるようにしましょう。SEO対策に有効です!

テンプレートを選ぶ

各WEBサービスによって、使えるテンプレートがあります。テンプレートは、WEBのビジュアルです。

サイト自分の好みと使いやすテンプレートで選んでいいですが、大事なのはレスポンス対応したものを選ぶことです。

レスポンスとは、スマホ・WEBなどのサイズに合わせてくれるテンプレートです。よくパソコンで見ると綺麗なのに、スマホで見ると小さくなることはありませんか?

必ず複数のデバイスで確認して「レスポンス対応のテンプレートなのか?」確認しましょう。

【番外編】サーバーをレンタルする

使うWEBサービスによって違いますが、ドメイン代と別でサーバー代を支払います。

サーバーは、ホームページに必要となる情報をおく場所です。簡単にいうと、サイトを作るにはサーバーとドメインが必要なのです。各、WEBサービスによって年間1~3万円とかかるので、確認するといいでしょう。

サイト運営で気をつけるポイント3つ

「さて…WEBサイトができて終わり!」ではないです。運営していくことも大事です。

全く運営してないと、マイナスの印象を与えることもあるので、適度に更新をしましょう。

1, 画像データのサイズは小さくする

目安として、画像サイズは1000×1000ピクセル。解像度は72dipあれば十分でしょう(スマホで撮った写真サイズぐらい)。

WEBサイトの場合、画像サイズが大きいと、WEBの反応速度落ちてしまいます。反応速度が速いほど、SEO対策に有効です。

2, リンクには名前をつける

https://〇〇.com/●●

上記の 黒丸● に名前をつけましょう。こちらもSEO対策として重要です。例えば、作品ページの場合、作品タイトルに関連する名前にするといいでしょう。

3、サイトは定期的に更新しよう

最低でも半年に1回は、新しい作品を登録するなどサイトを更新しましょう。1年以上サイトを触っていないと「このアーティストは活動していない」と認識されます。

【まとめ】お金払ってポートフォリオサイトは作るべし

今まで、アーティストやクリエイターにロゴ、WEB制作をした経験をもとに書きました。

本格的なサイトを作ったからといって、展示のオファーが増えるとは限りません。

同世代のアーティストを見ると、無料のWEBサイトを使って美術館で展示している人はいます。しかし有料だと、企業のコラボやスポンサーがあるから、おすすめです。

かといって、クリエイター系の友人を見ると、WEBから仕事がくるのがほとんどです。アーティスト活動の幅を広げるのにWEBサイトを作ってはいかがでしょうか?