イヤなパトロン?怪しいパトロンに注意を〜対処法、注意点を紹介〜

アートワークログ

現代ではパトロンという言葉はあまり聞かなくなりました。

しかし今でも、パトロンになる、と声をかけられることもあるようです。

今回はパトロンを語る、怪しい人たちについて紹介しようと思います。

そもそもパトロンとは何か、アートとの結びつきは?ということについてはこちらの記事で書いています。ぜひ覗いてみてください。

 

悪意のあるパトロンとは

 

 

最近ではあまり聞かなくなってきましたが、ごく稀に今でも展示会などでパトロンという言葉を聞きます。

若手、特に美大生にパトロン的なお誘いを持ちかける人がいます。
特に多いのは美大の卒業制作店などで、作品を売った経験が少ない学生に話しかけてきます。

そう言った方の中にはアート作品を買わず口先だけはすごく褒めてすり寄ってきます。

そしてアート以外の何かを求めてくる人もいます。

もちろん純粋に応援してくれようとしている方たちもいます。

しかし頭の片隅に悪質な人たちもいることを忘れないでください。

ここからは対処法とまでは言いませんが、私なら下記の点を気をつけます。

作品を買ってくれたか?

若い芸術家がお金に困っているのは周知の事実です。もし作品を買ったこともないのに都合の良いことばかり言っている人はとても危険です。

お金持ちでたくさんの人脈を持っている、そして自分の作品をとても褒めてくれる。しかし自分の一番安い作品も買ってくれない人は警戒します。 

本当に力になってあげたいと思ってくれてるお金持ちの方は、まず作品を買ってくれます

身元は確かか?

 ギャラリスト、コレクター、出版関係、様々な肩書きを使い話しかけてきます。しっかりとリサーチするのはもちろんですが、少しでも気になるところがあれば学校の先生や周りの人に相談しましょう。

追加で言えることとして一つあるのは、ギャラリーには焦って所属する必要はないということです。

以前、アートプライシングの記事でも書きましたが、アーティストは信用が大きく関わってきます。

真っ当なギャラリーかそうではないにせよ所属し、すぐにやめますというのは通用しません。

そう言った意味でも一呼吸おき、しっかりリサーチしましょう。

 

契約は正当か?

 

 

 もし、パトロンと何かしらの契約を結ぶ場合は、最低限これらのことは確認しましょう。

作品の所有権の記載について

“もし人脈が豊富だから作品売ってあげるから預けてみない?倉庫を持っていて管理に困っているなら貸してあげるよ。”

これらの発言には要注意です。例えば、前者についてだと、作品を預ける際に所有権を譲渡する契約になっていないか?一定期間売れなかったら所有権が変更されるなどの記載はないかなどです。

後者に関していうと、預ける際に所有権が共同で持つこととなり、売れた際にはマージンをとる契約になっていないか?ということです。

もしタダで場所を貸してもらい、その作品が売れたらその分のフィーを払うというのは妥当に思えます。

しかし所有権を分割すると、その作品を販売するときに、所有権を分割したパトロンの同意も必要になってしまいます。値段の変更なども難しくなります。

そうなった場合、パトロンの友人などに恣意的に低い値段で売ることになってしまったり、トラブルの原因となってしまいます。

作品の販売権はあるか

悪質な契約の中には、販売権を奪うものがあります。簡単にいうと、その人、もしくはその組織(ギャラリーなど企業)を通さないと作品を売れなくなる独占販売権のことです。

もしそのような契約を結んでしまうと、自分が作品を売るたびにマージンを抜かれてしまいます。

ギャラリーに所属したとしても、ギャラリー以外でも売ることはできるようにしておいた方がいいと思います。(多くのギャラリーで可能です。)

制作頻度の指定はあるか

→例えば、アトリエなどをタダで貸してもらうとします。向こうからしてみると、作品をつくり、売ってもらうことを望んでいるでしょう。そのために悪質な人が、”一年に10作品以上は作り販売しないといけない”このような契約をするよう迫るかもしれません。

強制的に作品を作らさせられるのは自分を追い込んでしまいます。

このような契約は気軽に結ばない方がいいでしょう。

 

まとめ

 

 

まだどこにも染まっていない、市場で評価されていない、美大生など駆け出しアーティストは、悪い大人の標的にされることがあります。

現代のパトロンの中には注意が必要です。

甘い言葉をささやき、逃げられない環境に追い込み利益を得ようと考えている人はたくさんいます。

個人と契約を結ばず、企業などにスポンサーを求めていくことをお勧めします。

もし興味のある方はぜひこちらの記事もご参照ください。

ではまた別の記事でお会いしましょう!