パトロンとは?微妙な人間関係の間にあるアート

What is a patron? The Art of Maintaining Subtle Relationships アートワークログ

こんにちは。

前回に引き続きパトロンについて書いていこうと思います。

前回はこちらの記事を書きました。気になる方はぜひご覧ください。

今回は、そもそもパトロンとはなんなのか、なぜ今でもアートと結びついてくるのかという事についてフォーカスしています。

 

パトロンとは 

 

中世の頃では芸術家や政治家の支援者という意味でパトロンという言葉が使われており、ヨーロッパに限らず、日本や東南アジアにも存在していました。

1例として挙げるなら、衣食住が保証され、貴族のお抱え画家として肖像画を描く仕事をしつつ、その空いた時間で自分の作品を仕上げるという風に生活していました。

現代に近づくにつれ幅広い分野でパトロンという言葉が使われるようになってきました。

科学者への援助、テレビの広告主、慈善団体の貢献人、飲食店の常連客などに使われるようになりました。

一方で芸術分野では、個人で特定の人を援助するようなことは減り、パトロンという言葉は廃れていきました。

その背景には、パトロンと似たような意味の言葉として投資やスポンサーという言葉が使われるようになっていったからです。

しかしパトロンはスポンサーや投資家との意味が少し違うと個人的に感じています。

スポンサーは販売促進に、投資家は金銭の見返りを得る目的で支援するのに対して、パトロンはあなたというブランドを支援、応援、所有していることによる満足感のためにやっている人が多い印象です。

だから企業間でもなく、個人と個人の間で行われることが通常です。

基本、芸術家側からお金持ちの人や業界の人に「パトロンになってください」とお願いすることはないでしょう。

個人同士が知り合って、その後お誘いをうける形がよくあるケースだと思います。

 

パトロンは何をしてくれるか?

 

近現代では、一般的に、パトロン側は制作費支援や作品発注をしてくれます。

また、キャリアアップのチャンス(いろんなところに連れてってくれたり、人を紹介してくれたり)を作ってくれます。

一方、作家側は上記のことに感謝し、質の高い作品を提供し、彼らの仕事もしくは人生にインスピレーションやアイデアを与えることが求められます。

パトロンは上記のことを作家に求めますが、理由が薄いような気がしますよね?

しかし、アート作品を購入することはとても特別なことで、そのアートを生み出すクリエーターを支援することはもっと特別なことであり、少し厳しい言葉で言うなら、大きく虚栄心を満たしてくれる行為なのです。

 

あなたの価値と仕事内容

 

パトロンが私たちアーティストを支援してくれる意味から考えると、作品に価値があると同時に、それを創るあなたにこそ価値があり、その価値を表現することがあなたの仕事内容になります。

基準はパトロンが満足するか、自慢したいと思える作品、もしくは人材かどうかがポイントです。

作品はもちろん一切手を抜かずに質高いものを創る。
購入していただく場合は普段よりサービスをする。

これらももちろん大事なことです。そこは第一に考え、上記のポイントを考えましょう。

他に仕事内容を挙げると、例えばパーティなどに招待いただけた場合、あなたはそこにいるパトロンの知人にインスピレーションを与えること、アーティストらしい不思議、クレイジー、面白いイメージを全うすること、これが仕事内容です。

アーティストというブランドをあなたが持ち、それをこの場で振る舞えるかがあなたの活動の一つになります。

微妙な関係

 

最初の項目で書いたように、個人同士が知り合って、その後お誘いをうける形が多いです。それによって様々な問題が起こりえます。

例えば、パトロンは、あなたの人間性に対して面白い、インスパイヤされてる、性格が素晴らしい、かわいい、など様々な理由で支援しています。どのような理由であれ、個人が個人に対しての好感度が無くしてパトロニングをすることはありません。

パトロンの中には支援に託けて、パトロンに呼ぶにはレベルが低すぎる人もいるでしょう。

特に多いのは男性が女性アーティストに付き纏うケースです。

もちろん逆のケースも。つまり、異性の関係の場合非常に面倒臭い状況に追い込まれ、周りにも誤解されやすい現状です。

次に曖昧な支援になりやすい点です。

契約書、また口約束でも内容を明確にしない事も多く、都合の良いようにねじ曲げられてしまうかもしれません。

また現代アートならギャラリー、音楽なら関係レーベルとかと契約している方であれば、トラブルの元になるため、全部オープンにして話を広げるべきです。

作品や人が楽しいや面白いから支援してくれるケースはアーティスト冥利に尽きる内容です。

だからアーティスト側も、お金をくれるから、ステップアップのチャンスをくれるから、という仕事感覚でやるなら最後は渋い思い出になるからやめたほうがいいかもしれませんね。

 

まとめ ~人とアートは切り離せない~

 

アートは人が価値づける以上、人と人は切り離せません。生きていくための人の営みの中で絶対価値がないアートだからこそ、お互い価値づける支援をしてくれることはありがたい事です。

そしてそのパフォーマンスは人とアート作品の間にあるものだからすごく面白い体験になります。

トラブルに注意しながらも、積極的に他人とコミュニケーションをとっていきましょう。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

 

関連記事

イヤなパトロン?怪しいパトロンに注意を~対処法、注意点を紹介~