美術家、表現者がスポンサーをほしい理由〜アーティストの経営〜

アーティスト スポンサー アートワークログ

アーティスト活動をする上で大きく2つの困難が立ち塞がります。

それはお金とメンタルについてです。

アーティストは社会に必要とされているものばかりを作っているわけではありません。自分自身の満足のために作っている人も多くいます。

ただ美術の専門家、つまり芸術活動のみで生活していくには時間と経費がとてもかかります。

多くのアーティストはお金に困っていると知られていますが、これは実体験と周りのアーティストを見ても間違った認識ではありません。

そして、特に絵画や彫刻などのファインアートは、世界の成り立ちや自己への問い、人間関係などに苦しみ、そこから作品を生み出します。

それが時に自己を壊すことになるかもしれませんが、これが制作への動機やモチベーションになっているケースが多くあります。

ではこれら二つを解消する方法はないのか、そう考え、行き着いた結果がスポンサーについてもらう事でした。

 

芸術活動は自己満足のみで成り立つか

 

好きに自分の表現をしている美術家から「売るために、有名になるために芸術をやっているわけじゃない」とよく聞きます。

しかし、売らないか売れないか、有名にならないかなれないかは置いといて、やっぱり生活していくために最低限のお金や応援が欲しいですね。

そしてできれば、自分が一番時間と神経を注いでいるアート関係で収入を得たいですよね。

では作品売るだけで生活していくお金は賄えるでしょうか。

 

答えは無理です。

 

氷山の一角(芸術家の中で全体の0.5%ほど)以外の美術家は、好きなものを先に作り展示会や見本市的な場所で販売し、そこでの収入のみで、生活していくことはできません。 

そしてその氷山の一角を目指すのは生活していく地盤を整えてからでも遅くありません。

 

スポンサーを作る理由

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では生活の地盤を整える方法として何があるか。それはスポンサーを作ることです。

 

理由1:周りからの応援、弱る精神の支え、そして有難いプレッシャーで自分を奮い立たせる。

 

アーティストは他の職業と違い、何かにチャレンジしていること自体を、他者や企業がスポンサー(支援)として価値を持たせることができます。

他の職業ではそうはいきません。

例えば、あなたが学校の試験をするとき、サラリーマンの営業をする時、頑張っているから価値をください、と言っても難しいですよね。 

結果主義ですからそんなことは通じません。

しかし、アーティストは「新しいものを創造する」「クリエイティブなことを提供する」「インスピレーションを与える」ということが企業理念やモットーと近い時、アーティストのチャレンジを応援してくれる場合があるのです。

そういった応援は力になりますし、プレッシャーにもなります。きっとあなたが頑張るエネルギーとなるはずです。

 

理由2:収入を上げる、もしくは支出を下げれられる

 

これは確かにほしいですね。スポンサーが現金提供、製品提供、仕事発注、コラボレーション提携など様々ありますが、どれも作家のアート収入に関わりがあります。

少しでもそれが作家の収入や気持ちをサポートしてくれているなら何をするべきか考えないといけません。

私はより良い、より早いパフォーマンスをする、作品をつくるために想像力 を鍛えることだと思っています。

 

理由3:努力しなくてはいけない環境に身をおける。

 

これは他の副業で収入を得ることで、補うことができないポイントだと思います。

もし他のお仕事でしっかりとお金を稼げたら、プロでやっていく踏ん切りがつかなかったり、その他の仕事が生活の中心となり、いずれ制作は自己満足のみで終わってしまうかもしれません。

しかしスポンサーは善意のみで支援しているわけではありません。

よって支援される側はスポンサーにどうやったら利益を還元できるかという意識と行動が求められます。

レポートを提出する、支援企業の売り上げに貢献する、その他相手によって何をお返しできるかを考え行動し続けなくてはいけません。

そうやって芸術家として成長できる、努力し続けなくてはいけない環境に身を置くことができます。

 

まとめ

 

スポンサーがいたら好きなものがつくれなくなるんじゃないか、という懸念を抱く人もいるかもしれません。

しかし、スポンサー契約をするからといって、デザイン発注のような作品制作をしてくれと頼まれることは、ほとんどありません。

作品の方向性が変わるなど考えてるようでしたら、それは杞憂です。

また、自分は有名じゃないから無理と思うかもしれません。

しかし、別記事、どうやってアーティストがスポンサーを獲得できるかー5つのステップーでも書いていますが、「あなたが有名だから支援してくれるわけではなく、応援するという事実に意味を持っている」こともあります。

そのためには、活動やチャレンジしていること自体に価値を見出すことが必要です。

ただ、もし、あなたの事を支援してくれる人が現れたら、一番重要なのは感謝をすること、で今日は締めたいと思います。