略歴の書き方、コツ 〜第4回アーティストの事務仕事アーカイブ編〜

アートワークログ

こんにちは。

この記事はアーティストの事務仕事アーカイブ編第4回です。
今回は略歴の書き方、コツについて書いていこうと思います。

第3回プレゼン資料に関しての記事はこちら

略歴とは

言わずとも、必要なことはわかっていると思います。

今までの学歴、受賞歴、助成金の給付歴、アーティストレジデンスの参加歴などをまとめたものです。

CV(Curriculum Vitae)と呼ばれることも多いです。

私の場合は、状況に合わせて使い分けれるように、英語のもの、日本語のもの、詳細に書いてあるもの、簡略化されているものなどいくつかパターン分けして作成しています。

略歴を書くコツ

 

CV

 

筆者が略歴を書いている時に気をつけていることは下記のことが全てです。

 

相手が求めてる人物像を汲み取る

 

アーティストレジデンスに出す、コンペに出す、助成金応募に出す、状況に応じて相手が求める人物像にできるだけ近づけるようにしましょう。

例えば、このようなことを求められることがあります。

アカデミックな背景を持っているか
滞在制作の経験は豊富か
受賞歴はあるか
フレッシュな人材か

上記は一例ですが、ここに書いてあることだけでもCVの方向性は変わってくると思います。

例えば、アカデミックな背景を持っているかをみられるときは卒業した学校はもちろんのこと、短期のsertificationを書いてみる、似たような傾向の過去に受賞した賞を前面に押し出してみるなどを書いていきます。

一方でフレッシュな人材を求められた場合(特にアーティストレジデンスであることですが)、CVはあまり詳細に書き過ぎない方がいいです。

滞在中に新たな挑戦をしてほしいと考えているプログラムで、自分の中で制作スタイルがかっちりしている人よりはいろいろと踠いてる人に頑張ってほしい、新人に機会を与えたい。そういう意図のプログラムは多いです。

そう言った際にムキムキなボリュームのCVを送ってもあまりよく思われません。抜粋したもののみ送りましょう。

もちろん逆に自分のスタイルを追求し、ワンランク上へステップアップしてもらう機会を作る、中堅アーティスト向けのプログラムも数多くあります。そう言った際は今までの経験などをできる限り多く書き、燻っていることが伝わるように書きましょう。

まとめ

今回は略歴について書いていきました。

相手の求めている人物像を汲み取り、柔軟に内容を変えてつくりましょう!

第5回ではコンペリストの作り方について書いていこうと思います。

それでは次回お会いしましょう!

関連記事

第1回 アーカイブを作る意味、作品一覧の作り方

第2回 プレス一覧を作る意味

第3回 プレゼン資料の作り方

第4回 略歴の書き方 コツ

第5回 コンペリストの作り方

第6回 写真フォルダのジャンル分け