アーティストから見たアートフェア 「アートフェアに行こう!」

ライフスタイルログ

私たちアーティストにとってアートフェアはとても重要なものです。

しかし、国内のアートフェアを見ても、実態がどうなっているのか?よくわからないことはありませんか?

この記事は、今まで出展したことのあるアーティスト側から見た

・アートフェアとは何か?

・どうして重要なのか?

・コロナ後も開催するのか?

をまとめてみました。初めてアートフェアに参加する方に、参考にしていただければ幸いです。

アートフェアとは

様々なアートギャラリーや個人作家が集まり、作品を展示販売するイベントです。
世界最大のアートフェアはスイスで行われるアートバーゼルです。
近年は香港やマイアミビーチでも行われます。
例年は6月開催ですが、今年は9月17日からオンラインで開催されます。

気になる人はアートバーゼルのホームページをご確認ください。

アートバーゼルで展示販売されている作品はピカソ、ゴッホなどすでに亡くなられた作家の作品から若手作家の作品まで幅広く取り扱っています。ただし個人で出展はできず、有名なギャラリーが高い出展料を支払い参加しているためどの作品も大変高額となっています。

一方で結成されたばかりのギャラリーが集まるアートフェアや個人出展のみのフェアなどもあります。

アートフェアに展示されている作品は販売目的なため、ビエンナーレやコンペの作品とはやはり印象が違います。斬新さなどはあまりないですが全体的に洗練された作品が多いと思います。
行ったことがない人はぜひ行って感じてみてください。

アーティストにとってアートフェアがいい理由

観客としていく場合

1:ギャラリーに行くより敷居が低く感じられる。

入場者、フェアによっては出展者にも学生はたくさんいます。正直な話、若い作家は貧乏な人が多いです。服装など気にしすぎなくても全く問題ありません。学生や、駆け出しアーティストの人は気兼ねなくぜひ見に行ってみてください。

2:直近で作品を見られる

空間演出されている雰囲気はフェアで味わえませんが、有名な美術館に所蔵されている作品や世になかなかでない作品を目の前で鑑賞できます。

さらに、購入可能性が低そうな学生や若い人たちは普段は煙たがられることもありますが、公共の場所ですし、全ての人がお客さんの可能性があるということで、ギャラリストたちが比較的優しく見えます。作品やアーティストについてとても詳しく話を聞けます。

3:プライシングや交渉の勉強になる

普段は聞きにくい、しかし気になるお金、値段が堂々と書いてあるため心置きなく勉強できます。

前述の通りギャラリストに質問などもしやすい環境にあります。(注意;この場を使ってギャラリストに仲良くなりに行こうとするのはやめておきましょう。彼らにアート購入者を見つけることに集中させてあげてください)

また、ギャラリストとコレクターなど購買者間での交渉を聞くこともできます。

それ以外にもどういった点をギャラリストに聞いているかなどを知れます。

コレクターなど美術に詳しい人や美術にあまり詳しくない人がどのような視点で作品を見ているか知る大変貴重な機会だと思います。

出展する場合

1:繋がりが作れる

小さなアートフェアで作家個人で出展する場合はもちろん、大きなフェアにギャラリーが出展をする際に、作家も一緒にフェアに行くことは重要なことです。現場で学べる経験、コレクターや他のギャラリストを色々な情報交換をしてどんどん繋がりを作ることができます。

展示や購入をしてくれるかもしれないギャラリストがフェアにきます。

2:自分の作品が売れない、売れる理由がわかる

1日~数日、いろいろな人と話していると普段気づけないところがわかります。例えば、このような質問を受けた後に離脱するお客さんが多かった。このような理由で自分の作品を買ってくれた。壁紙はこのような色が多く、自分の作品の中だとこの作品が合いそうだ、このサイズの作品を探している人が多かったなど様々な情報を得たり感じたりすることができます。

この経験は自分の制作スタイルを疑問視するきっかけとなったり、自信を持つきっかけになったり、成長する糧となるでしょう。

まとめ 

アートフェアに関して簡単に作家目線でまとめてみました。

アートバーゼルやその他のフェアもオンライン販売を始めた結果、アートフェアはどんどんオンライン化していくのではないかと思われています。

しかしアートフェアが作家と顧客、ギャラリストやキュレーターの出会いの場になっている限りオンライン化はあまり進まないのではないかと思われます。

特にアートバーゼルはブランド力がありますし、すでに亡くなっているアーティストの作品や価値がすでに安定している作品を多く取り扱っているためオンライン化のデメリットが小さかったと推測できます。

これからのアートフェアの動向に注目です。