「ドイツ、現代アート、大学、語学」 海外留学生: 宮野賢介さんへインタビュー 後編

ライフスタイル

今回は前編・後編の2記事に渡り宮野賢介さんからドイツとアート留学についての話をお伝えしていきます。
宮野さんにドイツの留学に至るまでの情報、ドイツの美大の受験システムなどを伺いました。 

(写真:宮野さんのドローイング作品) 

20枚のドローイングだけでポテンシャルを判断される。それについてどう思いますか? 

少しギャンブルだとは感じています。
ですが、だからと言ってそこに不満は抱きませんでした。
むしろ国が違えば受験の仕方がこんなにも違うのかという事に感心しました。
それに大学の受験の仕方はそれだけではないんです。 


聴講生制度 (主に大学において正規の学生としては認められないが、特定の授業だけを聴講できる資格を有した非正 規学生。一般的に単位の認定は行われない。
日本: 大学などにもよるが、いくつかの手続きは必要。
ヨーロッパ: ポートフォリオを見せ、教授に参加資格を認められた人のみ受講可能)
があり、聴講生として1,2年通って教授から気に入ってもらえると、入学を認めて貰うケースはよくあります。

ドローイングが試験内容ならば、ドイツ語は不必要ですか? 

そんな事はありません。
多くの美大では合格してから2年以内に、B1~B2のドイツ語の語学学校の修了証明書を提出しないといけません。
でもBレベルは比較的楽な方で、集中して半年~1年、語学学校に通っていたら合格できます。

僕が今通っているミュンスター芸術アカデミーは、C1の語学試験を合格する必要があり、大学入学希望者用の外国人向けに設立してある大学付属の語学学校の試験用集中コースに通っていました。 
その為、僕は語学学校には合計2年半通っていました。 

では、美大に通っている外国人は全員ドイツ語ができるんですね。

そういう訳では、ありません。
Bレベルを取得した人の中でも、やっぱりまだ言語が不自由な人もいます。

その影響は作家のスタンスや作品の表現の中にも現れてくるように思います。(言葉は悪いですが)語学が不得意と語っていた作家さん達と交流して、一目でコンセプト理解できるような作品づくりに転換していった人もいれば、
言葉を遮断し、作品と向き合う姿勢が強くなったんだなと感じる作品もよくあります。

宮野さんは語学、コミュニケーションできるようになってからの変化はありますか? 

自分の作品のコンセプトが台本なしでも伝えられるようになりましたし、授業のディスカッションの内容がわかり、自分の意図、ものの考え方や捉え方がより深くなりました。 

今現在は、ミュンスターでエラスムス(EU内での交換留学制度)を使用し、イタリアの美術大学に半年通っています。 

今後のドイツでの予定は? 

学生ビザが残り2年(ドイツは学生ビザが最長10年使用可能)なので、その時間を有効活用していこうと思います。 

ミュンスターの美大では、助成金がある海外プログラムを始めとした学生に与えるチャンスが豊富なので、大学在籍中にどんどん活用していきたいです。 

卒業後の進路 

コロナ下でも教授からアーティスト・イン・レジデンス情報をよく教えてもらうので、応募して行きたいです。
もしそれが難しかった場合、職業訓練などを受けてドイツで就職しようかと考えています。 

フリーランスアーティストと就職の違い 

勿論フリーランスで活動をしていく考えも最初はありましたが、ポートフォリオを見直して現在ある自分の作品がインスタレーションや映像など、絵画と違い販売が難しいものばかリで、フリーランスで生活するのが現実的でないと考えるようになりました。 
バイトもほぼ同じ理由で、就職とバイトで制作時間を比べたら、ほぼ変わりません。

なのでお金が無くなく、精神が不安定になるよりも精神が安定して生活費などで悩む事なく制作ができる環境を整えることが現実的な一歩だと思い就職を考えています。 

アーティストにこだわらなくていいと思った理由

今までは自分の成長が行動意欲になり、それがアートを勉強する上で強いエンジンとなっていました。 
ですが卒業した友人達の活動を見て、卒業後にアートを続けていくにはその想いだけでは難しいと感じました。

なので作家活動を続けていく為にも、美術に対する思いを持ち続けながら作品制作をしていけばいいのではないかと思いました。

そのためにも漠然と思っていた“アーティストを目指すならアーティストビザを取らなきゃいけない”という固定概念を外して、どこまで自分の意思と責任で作家活動を継続して行えるかという点を大事にすべきだなと思うようになったからです。

今後の目標・課題 

まずはもっと新たな作品を作りポートフォリオをより充実させていこうと思います。
不思議とポートフォリオの中身が充実していけばいくほど、街のアートイベントに参加する機会が増えて行きました。 

さらに今後はもっと自由にドローイングを展開していこうと考えています。 


宮野賢介さんの作品リンクなど
Vimeo: https://vimeo.com/user95786197
Instagram:https: https://www.instagram.com/kenske_miyano/
Tumblr: https://kenske-miyano.tumblr.com/
HACKK TAG: https://hackktag.com/creator_detail/

今回のインタビューで宮野さんの今までの道のりをお聞きし、アートサバイブログとしても素晴らしい刺激と情報をいただきました。ありがとうございました。 

こちらの記事では、宮野さんの話を基にドイツ留学の大学制度、ビザなどをまとめています。