「ドイツ、現代アート、大学、語学」 海外留学生: 宮野賢介さんへインタビュー 前編

ライフスタイル

ドイツは留学、旅行、仕事などで世界トップの人気国です。
また、年間2000人前後の日本人がドイツへ留学するなど、日本人とドイツ人の友好関係、人の気質的にも相性がいいとも言われています。

そんなドイツへ現在留学しているアーティスト宮野賢介さんに、ドイツとアートについて、海外留学するまでに苦労したことなどを伺ってきました。
今回は前編・後編の2記事に渡ってお伝えしていきます。

宮野さんは日本の大学卒業後、1年半自力で留学資金を貯め、ドイツのアートを目指して旅立ち、
現在ドイツ留学8年目になり、現場でしか味わえない様々な経験をしてきています。
現在はミュンスター芸術大学に通い、ドローイング、インスタレーション、映像を用いて様々な表現をしています。

(Photo by Masako Kato)

日本の大学 卒業後 

日本の大学の芸術学部に通いながら、大学の友人たちとインディーズバンドを集めてライブを企画するというオーガナイズ活動を続け、イベントの開催、それに関係するデザインなどを担当していました。
そんな日々を4年間過ごし卒業間近になり、「もう一度きちんと美術の勉強がしたい」という思いが日に日に強まっていた時。

たまたまアーティスト奈良美智さんのインタビュー記事を読み、あるドイツの美術大学の事を知りました。とくに驚いたのが、学費が無料という事、そして試験方法が、
・日本と違いパッションに溢れたドローイングを20枚提出。 
・デッサンは日本のように緻密でなくていい。

僕はそれを始めて知った時、
「ドイツの現代美術なんてわからない。だけどドイツでアート留学をしたい」と無茶して何かを達成していくのが好きだった事もあり、安直な考えと勢いで決断しました。
目標が決まれば、そこからの行動は素早く決められ、イベントチームを辞め、卒業し、バイト生活に1年半明け暮れました。 

日本での貧乏生活の様子はどうでした?

貧乏なことよりも、お金が着々と増えていく様子が楽しかったです。
20万の給料の中で10万を貯金していき、1年半で150万貯められた時は自分に自信を持ちました。

友達と共同生活をしながら、家電量販店でバイトをやり続けました。
接客の仕方が一辺倒で口下手な自分、会社でのチームプレイやコミニケーションが難しく、社会に適合できない事にショックを受けました。

ちなみに10年後の今では、その問題が改善できたました、と言うよりも、そうならないと海外では生きていけませんでした。
海外は日本と違い融通が利きません。
例えばビザ更新などで「言葉の理解が出来なかった。」なんてことは許されません。
判断を1つでも間違えればそこに居れない、帰国しないといけなるリスクがあります。
逆にその状況のおかげで強制的に適合しなくてはならなくなり、その結果、今があるのでよかったです。 

(写真引用元:https://www.kunstakademie-muenster.de/aktuell) 

留学先をドイツに決めた訳

奈良美智さんのドイツ留学のインタビュー記事がきっかけになりましたが、他の国の留学も、もちろん考えました。
英語という理由でアメリカ・イギリスも考えましたが、学費が高かったので諦めました。
ドイツの他にオランダもいいと思いましたが、インテリアデザイン、建築デザインが有名で、自分の目指していた方向性とは違っていました。

そのタイミングでゲルハルト・リヒター ( Gerhard Richter : 21世紀の抽象画家のひとりとして有名)を知り、日本では見た事のない絵画にショックを受け、留学先をドイツに決めるきっかけのひとつとなりました。

ですが、僕がドイツに行くと決意してから、お金以外何も準備していませんでした。
ドイツ語を勉強する訳でもなく、美術館に通う事もなく、ただひたすらバイトから帰ってからは家で絵を描く日々でした。 

お恥ずかしい話ですが、この時点では私の現代美術の知識はほぼ0です。 

(写真引用元:https://curio-w.jp/information/ゲルハルト・リヒター-作品情報/) 

ドイツに行ってからの様子

1年目は、語学学校に通いながら大学を探していました。
ドイツは語学留学で学生ビザが取得できます。
その間にリサーチやコネクション作りをしました。
よく外国で日本人同士で群れてしまうことへの是非がありますが、語学学校の寮で日本人の作家と出会い、そこから他の作家との人脈が広がり、沢山のアート情報を教えてもらいました。
そのおかげで自分が知っていた以外の、他の大学を受けに行くきっかけとなりました。

しかし、周りの人には自分のポートフォリオを見せるたびに酷く否定され落ち込むことも多々ありました。 
「ナメるな。」
「こんな作家も知らないのか。」
「こんなのアートじゃない。」
「自分探しの為に、海外来るとかどうかしてる。」 
これは数年間に渡り、言われ続けました。
でも、ポートフォリオを見せた人たちは、デュッセルドルフにいる日本人作家、そこに通ってる学生で、すでに何年も美術を勉強してきた人たちなので言われても仕方がないと思いました。

この時の経験がとても悔しくて、現在でも制作活動だけではなく、頻繁に美術館へ通ったり、本を読んで作家を調べる事に時間を割いています。
また、アドバイスをもらえるように、自分からもその人たちの会話や交流の輪に意識的に入っていくように心がけました。
もちろん勉強した分、分からなかったことが分かるようになりましたが、すぐに美術の知識が付くわけも無く、しばらくダメだしされる年月が続きました。
5,6年経過して作家同士で作品に話すための最低限必要なボキャブラリーがそろったという感じでした。

(画像:宮野さんのダメ出しされてた時代の作品 )

ドイツの大学受験の実態 

ドイツのアート関係の大学は、20枚のドローイングの提出が基本ですが、映像作品のUSBを3~5個提出したり、人それぞれのアプローチをしていきます。

もちろん日本と同じように受験と、面接が一緒の大学もあります。
日本のように精密な静物デッサンは即不合格だそうです。教授たちは技術をみたいのではなく、その人たちのポテンシャルをみて判断の一つとしていくようです。 

宮野賢介さんの作品リンクなど
Vimeo: https://vimeo.com/user95786197
Instagram:https: https://www.instagram.com/kenske_miyano/
Tumblr: https://kenske-miyano.tumblr.com/
HACKK TAG: https://hackktag.com/creator_detail/

「ドイツ、現代アート、大学、語学」 海外留学生:宮野賢介さんへインタビュー 後編へ→